宮沢賢治・花巻市民の会では、宮沢賢治の人と作品をより良く分かりあうことを目的として、毎月第3土曜日に〈宮沢賢治カフェ〉を開催しています。賢治に興味・関心のある方どなたでも参加できます。

プログラム

 賢治および賢治作品の学習と、ざしきぼっこの会による賢治作品の朗読を主なプログラムとしています。とくに、ざしきぼっこの会が読む「風の又三郎」など花巻弁で書かれた作品の朗読は、賢治作品の魅力を充分伝えてくれます。

開催日時・会場

 毎月第3土曜日、午後2時から1時間半程度、会場は賢治の広場(☞google mapへ移動)、参加自由

次回賢治カフェ

次回は、2021(令和3)年8月21日(土)午後2時から賢治の広場で開催します。プログラムは次のとおりです。(なお、プログラムは変更することもあります。)
第1部 賢治が歩いた花巻――馴染みの商店(承前)  お話し 泉沢善雄
 花巻には宮沢賢治が生前贔屓にした店、懇意にした店など、花巻市民ならたいてい知っている行きつけの店ありました。前回では、やぶ屋や精養軒などの店と賢治の関係を話題にしましたが、今回はその続きです。
第2部 賢治作品の朗読「さいかち淵」 朗読ざしきぼっこの会